サポート情報

HOME > サポート情報 > オンラインマニュアル〜DRMプロファイルのインポート方法

DRMプロファイルの使用方法

エンコーダを起動します

WindowsMediaエンコーダ9を起動し、プロパティ・セキュリティ・インポートの順でクリックします。

DRMプロファイルの使用方法〜エンコーダーを起動します

DRMプロファイルをダウンロードした場所を指定

DRMプロファイル(拡張子drm)をダウンロード保存した場所を指定し、DRMプロファイルを選択し、開くをクリック。
※画面は00000000.drmとなっておりますが、DRMプロファイルによってファイル名が異なります。

DRMプロファイルの使用方法〜DRMプロだイルをダウンロードした場所を指定

パスワードを入力します

インポートの為のパスワード入力を求められます。
※パスワードはDRMプロファイルを送付したメールに記載されています。
フリーDRMプロファイルの場合、ダウンロードページに記載されています。。

エンコードするファイルを選択します

インポート完了

DRMプロファイルがインポートされ、下の画面のような記述が表示されるとインポート完了。
「DRMを使用してコンテンツの不正使用を防ぐ」をクリックし適用を押すと、キーIDの項目に暗号化するためのキーIDが挿入されます。
「エンコードの開始」をクリックするとエンコードが開始され、出来上がったコンテンツはすでに暗号化されています。
※キーIDは変更が可能です。一度削除し適用を押すことで別のキーIDが挿入されます。同じキーIDを使ってエンコードした複数のコンテンツは1つのライセンスを取得するだけでキーIDの一致する全てのコンテンツが再生可能になります。数種類のコンテンツを課金認証配信する用途でのキーIDの共有にはメリット・デメリットがあります。

DRMプロファイルの使用方法〜インポート完了

→キーIDについて

ホームページからお申し込みの場合 お申し込みはこちらからお電話でお問い合わせの場合 TEL.088-677-5220