サポート情報

HOME > サポート情報 > オンラインマニュアル〜PC&スマートフォン エンコードの方法

Windows Media Playerエンコードの方法

次にキャプチャリングした映像データを、配信に適した形式にエンコードします。
PC & スマートフォンプランの場合、H.264形式のmp4をお勧めしております。
※他プランから乗り換えをご検討のお客様は、動画のファイル形式にご注意下さい。
ファイル形式が合わない場合、再エンコードの必要が御座います。


弊社他プランであるWプラン(ビデオコーデック:wmv)、Fプラン(ビデオコーデック:flv)には公式のエンコーダが配布されておりますが、mp4のビデオコーデックは一般的に広く使われているものであり、公式のエンコーダというものが御座いません。

弊社では、コア部分にFFmpegを使用した「FSYCエンコーダ」を無料で配布しております。
本サービスに関係のないパラメータ等は排除したシンプルなインターフェースになっておりますので、簡単にMP4エンコーダ、HLSエンコーダとしてお使い頂けます。

このページでは、FSYCエンコーダの導入から、エンコードの手順をご説明します。

FFmpegとは

世界中で幅広く使用されているフリーのエンコーダソフトです。 多機能で高性能なエンコーダソフトではありますが、単体ではGUI(グラフィカルユーザーインターフェース)がなく、すべてコマンド入力での操作が求められます。

慣れてないユーザーには使用が困難なため、別にインターフェースを用意し、それを中継して使用することもできるよう設計されております。

FSYCエンコーダの準備

FFmpeg本体をダウンロードします

FFmpeg公式サイトから、FFmpeg本体をダウンロードしてください。
FFmpeg 公式ダウンロードページ

1.FFmpegのバージョン選択です。安定性のために下段を選択することをお勧めします。
2.エンコードの際に使用するPCのOSを選択して下さい。
3.ダウンロードが開始されます。

エンコーダを起動し、ファイルから追加をクリックします。

ダウンロードしたファイル内に、「bin」フォルダがあります。
その中の、「ffmpeg.exe」「ffprobe.exe」を使用します。

エンコーダを起動し、ファイルから追加をクリックします。

Microsoft .NET Framework 4.6を導入します

エンコーダを動作させるためのランタイム「Microsoft .NET Framework 4.6」を導入します。
※Windows10 をご使用の方は標準搭載されているため、この項目は必要ありません。

Microsoft .NET Framework 4.6 公式ダウンロードページ

ダウンロードをクリックするとインストーラーがダウンロードされます。
手順に沿ってお進み下さい。

エンコードするファイルを選択します

FSYCエンコーダをダウンロードします

弊社より、以下のリンクからFSYCエンコーダをダウンロードしてください。
FSYCエンコーダ ダウンロード (現在の最新版は 0.82b です)

ダウンロードしたファイル内は、「core」フォルダとFSYCエンコーダ本体が入っております。

エンコードするファイルを選択します

エンコーダの準備を行います

1でダウンロードした「ffmpeg.exe」「ffprobe.exe」を、coreフォルダに配置してください。
これでFSYCエンコーダを起動する準備が整いました。

画面上部タブの「出力設定」をクリックします。

FSYCエンコーダを用いたエンコード手順

エンコーダを起動します

fsyc_encoder.exeより、FSYCエンコーダを起動して下さい。

各項目の設定を行います。

起動すると、以下の画面が表示されます。

プロファイルレベルを「Baseline」に設定します。

エンコードするファイルを追加します

1.タブが「ソース選択」であることを確認して下さい。
2.右側にあるボタンの「ファイルの追加」から、エンコードするファイルを参照します。
(エンコードするファイルを画面に向かってドラッグ&ドロップしても追加可能です)

エンコードを開始します

エンコードするファイルを選択し、追加をクリックして下さい。

エンコードを開始します

追加されました。

エンコード中

エンコードの詳細設定を行います

「エンコード形式」タブをクリックして画面を切り替えます。

エンコードを開始します

エンコードの際の任意のコーデックを選択して下さい。
(サムネイル生成は画像ファイルのみ生成するコマンドです)

エンコード中

エンコード設定タブを確認して下さい。
MP4のエンコードの際は、設定1に入力して下さい。
HLSへのエンコードの場合、複数設定するとマルチビットレート配信が可能です。

エンコード中

エンコードの詳細設定を行います。
(おすすめプリセットをご使用頂くと、自動で入力されます)

1.任意の画面サイズを選択、または入力して下さい。
2.任意のビデオビットレートを選択、または入力して下さい。
3.任意のオーディオビットレートを選択、または入力して下さい。

エンコード中

エンコードを開始します

1.「エンコード処理」タブをクリックして画面を切り替えます。
2.エンコード出力先のフォルダ、ファイル名を参照、または入力して下さい。
(出力ファイル名はエンコードするファイルが単体の場合のみ設定が可能です)
3.エンコードを開始します。

エンコードを開始します

エンコードが開始されます。

エンコード中

エンコードが完了しました。

エンコード中

エンコードサービスもご提供しています
メディアイメージではオプションにてエンコードサービスもご提供しています。
画面サイズや要求する動画品質により最適なエンコード方法があり、エンコード方法を誤ると、配信の品質が落ちるなどの症状が現れます。メディアイメージのエンコードサービスでは弊社の技術者が元となる動画の解析を行ない、最適なエンコードを行なう事により、最良のコンテンツ配信品質が得られます。
お気軽にお問合せ、ご相談ください。
エンコードサービス
ホームページからお申し込みの場合 お申し込みはこちらからお電話でお問い合わせの場合 TEL.088-677-5220