タグ詳細-プレーヤー拡張機能-再生リスト機能
<iframe src="https://041.videoplayer.jp/player.asp
?client_code=test
&xml_file=test_sample.xml"
width="640"
height="420"
marginwidth="0"
marginheight="0"
frameborder="0"
scrolling="no" allowfullscreen >
</iframe>

青字の部分はプレーヤーの拡張機能を使用するためのパラメータです。
省略することも可能で、その際にはプレーヤーに備わっているデフォルトの設定が働きます。

※再生リストは、別途作成したXMLファイルによって管理されています。
動画ファイル名やプレーヤー拡張機能はそのXMLファイルを参照するため、こちらのタグの方には記載の必要がなくなります。

再生リスト用のXMLファイル作成がスムーズに行えるよう、XMLファイル生成ツールもご用意しております。
XMLファイル生成ツール


● xml_file について

機能名称:XMLファイル指定機能(再生リスト機能)

使用例:xml_file=test.xml

入力規則:拡張子がxmlのファイル(文字コードはUTF-8)

使用可能デバイス
PC iPhone iPad AndroidOS端末

これはあらかじめ作成されたXMLファイルを参照するパラメータです。
XMLファイルの中には動画ファイル参照パラメータが記載されており、それを利用して再生リスト機能を使用可能になります。

再生リスト機能を利用する手順として、まずFTPでアクセス頂きました場所にxml-dataというフォルダを作成頂きます。
そのフォルダ内に、例として「test.xml」というXMLファイルを配置頂いた場合、 xml_file=test.xml という指定方法になります。
xml-dataフォルダの中に test というフォルダを作成し、 test2.xml というXMLファイルを配置頂いた場合、 xml_file=test/test2.xml という指定方法になります。


● 参照するXMLファイルについて

<?xml version="1.0"?>
<Params>
<video_list>
<contents>
<video_file>test_douga_1.mp4</video_file>
<video_title>1つ目の動画</video_title>
<ownerside_chapter_title>テスト1-1,テスト1-2</ownerside_chapter_title>
<ownerside_chapter_data>60,120</ownerside_chapter_data>
</contents>
<contents>
<video_file>test_douga_2.mp4</video_file>
<video_title>2つ目の動画</video_title>
<video_time>09:56</video_time>
<ownerside_chapter_title>テスト2-1,テスト2-2</ownerside_chapter_title>
<ownerside_chapter_data>120,240</ownerside_chapter_data>
</contents>
<contents>
<video_file>test_douga_3.mp4</video_file>
<video_title>3つ目の動画</video_title>
<video_time>02:14</video_time>
<ownerside_chapter_title>テスト3-1,テスト3-2</ownerside_chapter_title>
<ownerside_chapter_data>45,90</ownerside_chapter_data>
</contents>
</video_list>
<thumbnail_file>サムネイル.jpg</thumbnail_file>
<ownerside_chapter>on</ownerside_chapter>
<userside_chapter>on</userside_chapter>
<speed_mode></speed_mode>
<speed_memory></speed_memory>
<speed_decid_point></speed_decid_point>
<stop_button_visibility></stop_button_visibility>
<auto_start></auto_start>
<repeat></repeat>
<video_resume></video_resume>
<csc_frame_right></csc_frame_right>
<volume_memory></volume_memory>
<volume_level></volume_level>
<caption_default></caption_default>
<logo_file></logo_file>
<logo_position></logo_position>
<control_hidden></control_hidden>
<pc_fullscreen_allow></pc_fullscreen_allow>
</Params>

使用しているパラメータ名は現在の仕様に基づいております。

再生リストとしての扱いは<video_list>~~</video_list>の間になります。
上記サンプルタグの赤字の部分です。

<contents>~~</contents>という括りが一つの動画になります。
指定出来る情報として、
・動画ファイル<video_file>
・再生リスト画面に表示されるタイトル名<video_title> ※省略可能
・動画の尺<video_time> ※省略可能
・オーナーサイドチャプターのタイトル<ownerside_chapter_title> ※省略可能
・オーナーサイドチャプターの時間情報<ownerside_chapter_data> ※省略可能
となっております。
動画の尺については、セキュリティの都合上、未再生の動画から自動で情報取得が不可能なため、
お客様側で任意で入力して頂く仕様となっております。

※<contents>~~</contents>を1つだけにすると再生リスト機能を無効化出来ます。
再生リストを使用しない場合でも<video_list>~~</video_list>は必要となりますのでご注意下さい。


上記サンプルタグの青字の部分は、プレーヤーの拡張機能の記載部分です。
使用しない際は省略することも可能で、その際にはプレーヤーに備わっているデフォルトの設定が働きます。


※再生リスト運用の際の注意点
・<video_title>に記載する動画タイトルや、<video_time>に記載する動画時間は、
限られたスペースに表示される仕様になっております。
その為、文字数過多により再生リスト管理画面のレイアウトが崩れる場合があります。

・リピートをオンにすると各動画でリピートとなりますため、
再生リストの次の動画に移動するためには、ネクストボタンもしくは再生リスト画面から直接切り替えする必要があります。
将来修正予定

・ビデオレジューム機能についても各動画に対して情報が保存されます。
将来修正予定